コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良線 ならせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良線
ならせん

京都から関西本線木津へいたる鉄道。 JR西日本。全長 34.7km。奈良鉄道として開業。関西鉄道への合併を経て 1907年国有化。ほとんどの列車が関西本線へ乗入れて奈良と結ぶ。 1895年一部開通,96年全通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

奈良線【ならせん】

関西本線木津〜京都間のJR線。営業キロ34.7km。奈良鉄道が建設,1896年全通。1907年国有化に際して木津〜奈良間は関西本線に編入。稲荷〜京都間は旧東海道本線を1921年に変更。
→関連項目関西鉄道木津川[市]京都[駅]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良線
ならせん

西日本旅客鉄道の線路名称。京都府、木津(きづ)―京都間34.7キロメートル。新田(しんでん)―宇治間3.2キロメートルと藤森(ふじのもり)―京都間5.0キロメートルが複線。全線直流電化。線名に奈良とあるが、路線は京都府内のみで、宇治川東岸および木津川東岸を走る。沿線に宇治市、城陽市などがある。奈良鉄道によって1895~1896年(明治28~29)開業し、関西鉄道の時代を経て、1907年(明治40)国有化、1909年の線路名称の統一で奈良線となった。当時は京都―桃山間では現在の近畿日本鉄道京都線のルートを運転していたが、1921年(大正10)東海道本線の線路変更により、その旧線の京都―稲荷(いなり)間を奈良線に編入し、稲荷―桃山間を新たに建設して在来線を廃止した。京都―奈良間でほぼ並行する近畿日本鉄道京都線が、スピード、列車本数とも圧倒的優位にたち、長らく非電化であった奈良線は輸送力の小さな脇役(わきやく)的な鉄道の地位にとどまっていた。1984年(昭和59)に電化されたのちもその地位は本質的には変わっていない。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で、西日本旅客鉄道に所属。列車はすべて木津より関西本線に乗り入れて京都―奈良間に直通運転される。
 なお、近畿日本鉄道奈良線は、布施(ふせ)―近鉄奈良間26.7キロメートル(1914年開業)、生駒(いこま)山地を貫いて大阪―奈良間を結んでいる。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奈良線の言及

【近畿日本鉄道】より

…近鉄と略称。おもな路線には難波~賢島(かしこじま)間(大阪線・山田線ほか),布施~近鉄奈良間(奈良線),伊勢中川~近鉄名古屋間(名古屋線),京都~橿原神宮前間(京都線ほか)の標準軌間線および大阪阿部野橋~吉野間(南大阪線),揖斐(いび)~桑名間(養老線)の1067mm軌間線がある。前身の各鉄道のうち中核となったのは1910年創立の大阪電気軌道(奈良線。…

※「奈良線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良線の関連キーワード椿井(つばい)大塚山古墳大阪府大阪市生野区鶴橋正長元年柳生徳政碑平城京朱雀大路跡桃山(京都市)久世(京都府)布施(大阪府)椿井大塚山古墳京都府木津川市興福寺旧境内北山十八間戸東大阪(市)木津川[市]近畿日本鉄道京都府城陽市城陽[市]久世廃寺跡井手(町)中山平八郎京都[駅]

奈良線の関連情報