コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良線 ならせん

3件 の用語解説(奈良線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良線
ならせん

京都から関西本線の木津へいたる鉄道。 JR西日本。全長 34.7km。奈良鉄道として開業。関西鉄道への合併を経て 1907年国有化。ほとんどの列車が関西本線へ乗入れて奈良と結ぶ。 1895年一部開通,96年全通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奈良線【ならせん】

関西本線木津〜京都間のJR線。営業キロ34.7km。奈良鉄道が建設,1896年全通。1907年国有化に際して木津〜奈良間は関西本線に編入。稲荷〜京都間は旧東海道本線を1921年に変更。
→関連項目関西鉄道木津川[市]京都[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良線
ならせん

西日本旅客鉄道の線路名称。京都府、木津(きづ)―京都間34.7キロメートル。新田(しんでん)―宇治間3.2キロメートルと藤森(ふじのもり)―京都間5.0キロメートルが複線。全線直流電化。線名に奈良とあるが、路線は京都府内のみで、宇治川東岸および木津川東岸を走る。沿線に宇治市、城陽市などがある。奈良鉄道によって1895~1896年(明治28~29)開業し、関西鉄道の時代を経て、1907年(明治40)国有化、1909年の線路名称の統一で奈良線となった。当時は京都―桃山間では現在の近畿日本鉄道京都線のルートを運転していたが、1921年(大正10)東海道本線の線路変更により、その旧線の京都―稲荷(いなり)間を奈良線に編入し、稲荷―桃山間を新たに建設して在来線を廃止した。京都―奈良間でほぼ並行する近畿日本鉄道京都線が、スピード、列車本数とも圧倒的優位にたち、長らく非電化であった奈良線は輸送力の小さな脇役(わきやく)的な鉄道の地位にとどまっていた。1984年(昭和59)に電化されたのちもその地位は本質的には変わっていない。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で、西日本旅客鉄道に所属。列車はすべて木津より関西本線に乗り入れて京都―奈良間に直通運転される。
 なお、近畿日本鉄道奈良線は、布施(ふせ)―近鉄奈良間26.7キロメートル(1914年開業)、生駒(いこま)山地を貫いて大阪―奈良間を結んでいる。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奈良線の言及

【近畿日本鉄道】より

…近鉄と略称。おもな路線には難波~賢島(かしこじま)間(大阪線・山田線ほか),布施~近鉄奈良間(奈良線),伊勢中川~近鉄名古屋間(名古屋線),京都~橿原神宮前間(京都線ほか)の標準軌間線および大阪阿部野橋~吉野間(南大阪線),揖斐(いび)~桑名間(養老線)の1067mm軌間線がある。前身の各鉄道のうち中核となったのは1910年創立の大阪電気軌道(奈良線。…

※「奈良線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈良線の関連キーワード関西本線木津和歌山線西下東下秩父鉄道秩父本線木津[町]京都府木津川市木津木津〈町〉片町線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良線の関連情報