コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基底細胞がん きていさいぼうがん Basal Cell Carcinoma

1件 の用語解説(基底細胞がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きていさいぼうがん【基底細胞がん Basal Cell Carcinoma】

[どんな病気か]
 もっとも頻度の高い皮膚がんで、高齢者の顔面によくできます。長い年月、日光に曝(さら)されることが重大な原因と考えられており、高齢化社会になって、ますます患者さんが増えています。
 メラノーマと同様、皮膚が黒色調に変わることで気づくのですが、小さいうちはほくろとまちがわれたりします。大きくなると潰瘍化(かいようか)してくずれてしまいます。
●自己発見法
 表面がなめらかで透明感があるのが基底細胞がんの特徴ですが、診断確定には、やはり皮膚科専門医の診察が必要です。
 お年寄りの顔に濃い黒色の結節ができ、ほくろやいぼとはようすが異なるようでしたら、皮膚科専門医の診察を受けることをお勧めします。
 このがんは悪性度が低く、転移することはほとんどありません。ただし、放置しておくと、無制限に増殖して深いところに侵入し、筋肉や骨をえぐってしまう可能性もありますから、注意は必要です。
基底細胞がんは転移しないのになぜこわいのか
 基底細胞がんはほとんど転移せず、このがんで死亡することはまれです。しかし、局所で増殖する力が強く、皮膚の下の筋肉や骨にまで侵入して、これらを破壊します。
 放置しておくと、鼻や目が完全にえぐり取られてしまうことさえありますので、手遅れにならないうちに発見し、治療しなければなりません。
[治療]
 手術で患部を完全に摘出すれば完治します。放射線療法も有効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

基底細胞がんの関連キーワード合指症比較級基本語彙何心地頻度不死身プリマドンナホットモックホットモックアップリスク要素

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基底細胞がんの関連情報