コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎ボルト(読み)きそボルト(英語表記)foundation bolt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎ボルト
きそボルト
foundation bolt

土台ボルト,地形ボルトともいう。機械や構造物を据付けるときに用いるボルトの一種。あらかじめ,おねじの切っていない部分を土台に埋込んでおき,これとナットで構造物などを締めつけて固定する。外力が作用した場合,埋込まれた部分が土台から抜け出したり,ゆるまないようにするため先端はL字形やJ字形など特殊な形状をしている。材料には一般構造用圧延鋼材を用いる。なお,アンカーボルトはこの基礎ボルトとほぼ同じと考えてよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きそボルト【基礎ボルト】

建築の柱や土台、機械などを緊結するため、コンクリートの基礎に埋め込んだボルト。アンカー-ボルト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の基礎ボルトの言及

【ねじ】より

…ふたなどを密閉するのに用いられる。 基礎ボルト構造物や機械をコンクリート上にすえつける際,あらかじめコンクリート中に埋め込んでおくボルト。コンクリートから抜けないようにL形またはJ形の形状をしている。…

※「基礎ボルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android