コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内文治郎 ほりうち・ぶんじろう

朝日日本歴史人物事典の解説

堀内文治郎

没年:昭和17.3.14(1942)
生年:文久3.9.17(1863.10.29)
明治大正期に活躍し文才にすぐれた陸軍軍人。日本スキー界の草わけ的存在。松代藩(長野市)藩士堀内荘作の次男。明治15(1882)年攻玉社から陸軍士官学校に進み,27年より同校の教官。日清戦争(1894~95)後は同戦史の編纂にも関係した。台湾総督府副官のあと32年陸軍省軍務局出仕,33年参謀本部副官を経て日露戦争(1904~05)では大本営陸軍部副官を務めた。この間愛国婦人会の創設に尽力,また名著『陸軍省沿革史』を執筆した。39年高田(上越市)の歩兵58連隊長となり,44年オーストリアハンガリーの陸軍少佐レルヒからスキーを学ぶ。大正5(1916)年中将に進む。のち平安中学校長,満蒙学校長。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀内文治郎の関連キーワードアフリカ文学軍艦小事典シャピロマレー白石喜之助ヒルハウス後生相同時生相プロジェネティック相ハルツング岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone