コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内文治郎 ほりうち・ぶんじろう

1件 の用語解説(堀内文治郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

堀内文治郎

没年:昭和17.3.14(1942)
生年:文久3.9.17(1863.10.29)
明治大正期に活躍し文才にすぐれた陸軍軍人。日本スキー界の草わけ的存在。松代藩(長野市)藩士堀内荘作の次男。明治15(1882)年攻玉社から陸軍士官学校に進み,27年より同校の教官。日清戦争(1894~95)後は同戦史の編纂にも関係した。台湾総督府副官のあと32年陸軍省軍務局出仕,33年参謀本部副官を経て日露戦争(1904~05)では大本営陸軍部副官を務めた。この間愛国婦人会の創設に尽力,また名著『陸軍省沿革史』を執筆した。39年高田(上越市)の歩兵58連隊長となり,44年オーストリアハンガリーの陸軍少佐レルヒからスキーを学ぶ。大正5(1916)年中将に進む。のち平安中学校長,満蒙学校長。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀内文治郎の関連キーワード山梨半造七等河村正彦児島惣次郎篠尾明済柴岡文太郎津野田是重仁田原重行畑英太郎桃井直幹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone