コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松代藩 まつしろはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松代藩
まつしろはん

江戸時代,信濃国川中島4郡 (長野県埴科郡,長野市) を中心とする 10万石と上野 (群馬県) 沼田の3万石を領有した藩。川中島藩消滅後の元和8 (1622) 年,真田信之が同じ信州の上田から移封されてきたのに始る。信之は長子信吉に沼田3万石を分封松代 10万石を次子信政に譲ったが,前者は4代を経て改易となり,後者は以後松代 10万石を世襲して 10代幸民にいたり廃藩置県となった。初め財政的にも豊かであったが,幕府の課役などにより次第に窮乏,加えて天災,飢饉が相次ぎ,百姓一揆が頻発するにいたった。しかし,恩田木工 (もく) の尽力によってこの危機を切抜け,真田幸貫の代にいたって内政も充実,また幸貫の重用した佐久間象山らの活躍もあって,松代藩は幕末の政局にも大きな位置を占めた。外様,江戸城帝鑑間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

松代藩【まつしろはん】

信濃国埴科(はにしな)郡松代(現長野市)を城地とし,埴科・更級(さらしな)・水内(みのち)・高井(たかい)の信濃国川中島4郡(奥4郡とも)を主な領地とした藩。織田信長武田氏を滅ぼした後,川中島4郡は森長可(ながよし)−上杉景勝が支配,次いで田丸直昌(4万石)が海津(かいづ)城(松代城)に入って統治した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

まつしろはん【松代藩】

江戸時代信濃(しなの)国埴科(はにしな)郡松代(現、長野県長野市松代町)に藩庁をおいた、初め親藩(しんぱん)、譜代(ふだい)藩、のち外様(とざま)藩。藩校は文武学校。当地は、戦国時代に武田氏と上杉氏が争った川中島に当たり、武田信玄は山本勘助(かんすけ)に海津(かいづ)城(松代城)を築城させた。近世大名領の成立は、1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いのあと、徳川家康(とくがわいえやす)が森忠政(ただまさ)を13万7500石で入封(にゅうほう)させたことに始まる。その後、03年に家康の6男松平忠輝(ただてる)(14万石)、16年(元和(げんな)2)に松平(越前)忠昌(ただまさ)(12万石)と家門(かもん)をおき、19年には譜代の酒井忠勝(ただかつ)(10万石)が入った。22年に忠勝が出羽(でわ)国庄内藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、代わって外様(譜代格)の真田信之(のぶゆき)上田藩から入って以後は、明治維新まで真田氏10代が続いた。真田氏は上野(こうずけ)国沼田領3万石と合わせ13万石であったが、81年(天和(てんな)1)に沼田領が除封され10万石となった。19世紀前半、松平定信の次男で8代藩主の幸貫(ゆきつら)は、藩政改革に努めて佐久間象山(しょうざん)を登用、幕政でも海防掛老中にのぼった。1871年(明治4)の廃藩置県により、松代県を経て長野県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつしろはん【松代藩】

江戸時代,信濃国(長野県)埴科郡所在の松代城(海津城,川中島城)を拠点とし川中島4郡内を藩域とした藩。藩主は森長可―(上杉景勝)―田丸直昌―森忠政―松平忠輝―松平忠昌―酒井忠勝と変転したが,1622年(元和8)外様大名真田信之の松代入封によって固定化し,連綿廃藩に及んだ。真田松代藩の初期知行高は13万石,うち3万石は支藩上州沼田領だったが81年(天和1)除封。信州10万石の内高は12万2000石前後,その内訳は藩蔵入地60%対藩士地頭知行所40%,1741年(寛保1)以降は藩の半知政策の恒常化により80%対20%に変移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松代藩
まつしろはん

信濃(しなの)国埴科(はにしな)郡松代城(海津(かいづ)城、松城(まつしろ)城とも。長野市松代町)を本拠として北信濃を領有した藩。1598年(慶長3)上杉景勝(かげかつ)の会津移封後、豊臣(とよとみ)大名田丸直昌(たまるなおまさ)が4万石で入封したのが最初。1600年(慶長5)徳川家康は森忠政を入れ、北信濃4郡(更級(さらしな)、埴科、高井、水内(みのち))一円13万7500石を与え、上杉、真田(さなだ)氏に備えさせた。関ヶ原の戦い後、森氏は総検地を遂行し石高(こくだか)制を確立した。1603年家康の六男松平忠輝(ただてる)が4郡一円に入封、大久保長安(ながやす)が施政の采配(さいはい)を振るった。忠輝の改易後、1616年(元和2)松平忠昌(越前(えちぜん)家)12万石、18年酒井忠勝10万石を経て、22年真田信之(信幸)(のぶゆき)が上田から移された。真田氏は、上野(こうずけ)国沼田領(群馬県)とあわせて13万5000石。信之は93歳で死没するまでに藩政の基礎固めを果たした。1656年(明暦2)次子信政が松代領、長子信吉の子信利が沼田領を継ぎ、その後沼田領が改易されて松代藩領は4郡10万石、95か村に固定した。信政のあと、幸道(ゆきみち)、信弘、信安、幸弘(ゆきひろ)、幸専(ゆきたか)、幸貫(ゆきつら)、幸教(ゆきのり)、幸民(ゆきもと)と襲封して廃藩に至る。3代幸道は1666年(寛文6)の指出検地など農政を推進し、6代幸弘は恩田木工幸親(おんだもくゆきちか)を起用した藩政改革のほか、俳諧(はいかい)の造詣(ぞうけい)で知られる。8代幸貫は松平定信(さだのぶ)の次子で、文武奨励、殖産興業に努め、海防掛老中に就任、佐久間象山(さくましょうざん)らを育成した。1868年(慶応4)戊辰(ぼしん)戦争では、官軍の信州触頭(ふれがしら)として北越、奥羽を転戦。71年(明治4)廃藩、松代県を経て長野県に統合された。[古川貞雄]
『『新編物語藩史 第4巻』(1976・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松代藩の言及

【真田信之】より

…この功もあり翌年上田城に移り9万5000石を領する。22年(元和8)に松代に移封され,旧領とともに13万5000石を領し,松代藩の基礎を固めた。【笹本 正治】。…

【信濃国】より


[土地,貢租]
 近世前期,太閤検地の不備もあって,各地各領で先行検地を廃棄して総検地が遂行された。1602年森忠政領,29年(寛永6)小諸藩・徳川忠長領,49年(慶安2)以降松本藩・飯山藩,66年(寛文6)松代藩,寛文・延宝年間(1661‐81)幕府領などがその主要なもので,90年(元禄3)に幕府が松代藩に行わせた高遠藩検地が総検地の最後になった。以後は新田検地中心になる。…

※「松代藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松代藩の関連キーワード真田騒動/恩 田 木 工松代(長野県)長野[市]高田村助弥伊東義五郎真田宝物館真田 幸民堀内文治郎真田幸弘村上英俊戊辰戦争矢沢頼尭富岡定恭大谷幸蔵真田信利川上冬崖地方知行大村光枝真田氏松代焼

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松代藩の関連情報