堀口松庵(読み)ほりぐち しょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀口松庵 ほりぐち-しょうあん

1799-1876 江戸後期-明治時代の書家。
寛政11年生まれ。佐渡(新潟県)の人。佐渡奉行所の広間役をつとめた。市河米庵に書をまなび,門弟中北陸道第一といわれる。とくに大幟を得意とした。明治9年死去。78歳。名は満儀。字(あざな)は伯宜。通称は市太夫,弥右衛門別号に金浦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android