コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀忠俊 ほり ただとし

2件 の用語解説(堀忠俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀忠俊 ほり-ただとし

1596-1622* 江戸時代前期の大名。
慶長元年生まれ。堀秀治の長男。慶長11年越後(えちご)(新潟県)春日山(かすがやま)藩45万石の藩主となり,松平の姓をゆるされる。翌年越後福島城にうつった。重臣堀直次とその異母弟直寄に争いが生じ,直寄が徳川家康にうったえたため責任をとわれ,15年改易となり,陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主鳥居忠政にあずけられた。元和(げんな)7年12月22日死去。26歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀忠俊

没年:元和7.12.22(1622.2.2)
生年:慶長1(1596)
江戸初期の越後国(新潟県)福島藩主。幼名吉五郎。秀治の長子。慶長11(1606)年,11歳で遺領45万石を継ぎ,松平の称号を受け,越後守を称し,忠俊を名乗る。12年春日山城(上越市中屋敷)から福島城(同市港町)に移る。若年のため,執政堀直政が政務を担当,13年直政没後は,その子直次と直次の異母弟の直寄がこれに代わった。しかし,両者の間に争いが起こり,直寄の訴えを受けた駿府の徳川家康は,直次を非として,15年山形城主最上義光に預ける。直次に擁せられた忠俊も改易,所領没収となり,岩城平(福島県)城主鳥居忠政に預けられた。

(横山昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀忠俊の関連キーワード下越亀井津平土屋市兵衛内藤信旭福島忠勝堀直寄松平定賢丸山元純溝口直侯溝口善勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone