コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀江玄三 ほりえ げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀江玄三 ほりえ-げんぞう

1821*-1864 江戸時代後期の医師。
文政3年12月26日生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩医。江戸で医学,とくに種痘の術を習得してかえり,藩主の嗣子に種痘をほどこした。松本における種痘のはじまりであった。京都をめざす天狗党の軍との戦いで元治(げんじ)元年11月20日戦死。45歳。本姓は永持。通称は義祐。号は俊斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀江玄三の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ファナリオテスバイロンマンゾーニウェーラー近・現代ラテンアメリカ史(年表)女医エンゲルスギリシア解放戦争

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android