コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀至徳 ほり しとく

1件 の用語解説(堀至徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀至徳 ほり-しとく

1876-1903 明治時代の仏教研究者。
明治9年10月10日生まれ。郷里奈良県各地の古跡をめぐり,仏教研究に没頭する。仏教とヒンズー教比較研究のため,明治34年岡倉天心らとインドにわたり,「サンスクリット辞典」の日本語訳に従事。伊東忠太とインドの仏跡を調査中に破傷風となり,明治36年11月23日ラホールで死去。28歳。名は徳太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀至徳の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽アフリカ文学カッタープラット修正ロシア映画ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone