堀至徳(読み)ほり しとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀至徳 ほり-しとく

1876-1903 明治時代の仏教研究者。
明治9年10月10日生まれ。郷里奈良県各地の古跡をめぐり,仏教研究に没頭する。仏教とヒンズー教の比較研究のため,明治34年岡倉天心らとインドにわたり,「サンスクリット辞典」の日本語訳に従事。伊東忠太とインドの仏跡を調査中に破傷風となり,明治36年11月23日ラホールで死去。28歳。名は徳太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android