コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東忠太 いとうちゅうた

7件 の用語解説(伊東忠太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東忠太
いとうちゅうた

[生]慶応3(1867).米沢
[没]1954.4.7. 東京
建築家,建築史家。 1892年東京大学造家学科卒業,1905年より同大学教授,のち名誉教授。東洋および日本の建築史の体系を初めて樹立し,文化財の保存に尽した。学士院会員,日本芸術院会員,43年文化勲章受章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐ちゅうた【伊東忠太】

[1867~1954]建築学者。山形の生まれ。東大教授。日本の古建築や中国・インドの遺跡を調査し、建築史学を樹立。明治神宮平安神宮築地本願寺などを設計。文化勲章受章。著「法隆寺建築論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊東忠太【いとうちゅうた】

建築家,建築史学者。米沢市出身,帝国大学工科大学造家学科卒。日本・東洋古建築を学問的に体系づけた最初の人。東大,早大で建築史を講じ,また国宝保存会委員として古建築保存に尽力。
→関連項目辰野金吾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東忠太 いとう-ちゅうた

1867-1954 明治-昭和時代の建築家,建築史学者。
慶応3年10月26日生まれ。明治38年東京帝大教授となる。昭和3年早大教授。「法隆寺建築論」で日本建築史研究の道をひらく。中国,インドなどの遺跡を調査し,雲崗(うんこう)石窟を世界にはじめて紹介。また平安神宮,築地本願寺などを設計した。18年文化勲章。昭和29年4月7日死去。86歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうちゅうた【伊東忠太】

1867‐1954(慶応3‐昭和29)
建築家,建築史学者。米沢市に生まれる。1892年帝国大学工科大学造家学科を卒業。《法隆寺建築論》(1898)により,日本建築史研究の端緒をつけ,また古社寺保存会委員(1896)となり古建築の保存と研究のみちを開いた。1905年東京帝国大学工科大学教授。初期の研究では岡倉天心の影響を受けて,日本建築史の体系化と東洋と比較した日本建築の特質の抽出に関心を持ち,東洋建築史の体系化とあわせて雲岡石窟を世界に紹介した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとうちゅうた【伊東忠太】

1867~1954) 建築学者。山形県生まれ。東大教授。明治神宮・築地本願寺の設計者。日本および東洋の建築史を研究。著「法隆寺建築論」「伊東忠太建築文献」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東忠太
いとうちゅうた
(1867―1954)

建築家、建築史家。山形県米沢(よねざわ)に生まれる。1892年(明治25)帝国大学工科大学造家学科卒業後、大学院に進み、日本建築史の研究に着手、翌1893年『法隆寺建築論』を発表。また同年から東京美術学校の講師となり岡倉天心の影響を受ける。1899年東京帝国大学助教授、1905年(明治38)教授。この間、日本建築の源流を求めて中国、インド、トルコなどに旅行し、雲崗(うんこう)の石窟(せっくつ)を発見。日本および東洋建築史の学問的体系を樹立するなど、日本最初の建築史家として活躍。また内務技師、古社寺保存会委員、国宝保存会委員として神社の造営、文化財の保存に尽くした。東大名誉教授、学士院会員、芸術院会員。1943年(昭和18)文化勲章受章。著書に『伊東忠太建築文献』『支那(しな)建築装飾』など、おもな建築作品に平安神宮(1895)、明治神宮(1920)、大倉集古館(1927)、築地(つきじ)本願寺(1934)などがある。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊東忠太の言及

【雲岡石窟】より

…武周山に面した高さ20~30mの北の崖面(砂岩)に並び,南面した大窟21(第1洞から第20洞および第39洞),中小窟20,磨崖仏龕(がん)約120があり,全長3kmに及ぶが,主要な石窟は1kmの中に集中している。1902年(光緒28)伊東忠太が踏査して重要性を指摘。07年にE.シャバンヌがはじめて多数の写真を撮影,石窟番号を与えて発表した。…

【建築】より

…〈建築〉という用語は比較的新しく,1897年(明治30)に造家(ぞうか)学会が建築学会と改称してから公認されたもので,建築学者の伊東忠太がアーキテクチャーarchitectureに対応する新語として提案した。それまでは,土木建築工事一般を〈普請(ふしん)〉,建物に関する工事を〈作事(さくじ)〉と呼んでいた。…

※「伊東忠太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊東忠太の関連キーワードRIBA天沼俊一堀口捨己建築家賠償責任保険アントニン・レーモンド(1888〜1976)足立康神代雄一郎竹島卓一川上貢《建築史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東忠太の関連情報