コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀親義 ほり ちかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀親義 ほり-ちかよし

1814-1880 江戸時代後期の大名。
文化11年1月28日生まれ。堀親寚(ちかしげ)の次男。弘化(こうか)2年信濃(しなの)(長野県)飯田藩主堀家11代となる。奏者番,寺社奉行などをつとめる。元治(げんじ)元年武田耕雲斎らの天狗(てんぐ)党にたいし清内路(せいないじ)関所を通過させた責任をとわれ,2000石を減封され,逼塞(ひっそく)を命じられた。明治13年9月29日死去。67歳。名は「ちかのり」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀親義の関連キーワード堀親広

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android