コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀達之助 ほり たつのすけ

3件 の用語解説(堀達之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀達之助 ほり-たつのすけ

1824*-1894 幕末-明治時代の通詞,英語学者。
文政6年12月23日生まれ。中山作三郎の5男。ペリーの再来航のさい小通詞をつとめ,日米和親条約の翻訳にもあたる。文久2年洋書調所(しらべしよ)の教授方となり,「英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書」を出版。のち開成所教授,維新後は開拓使大主典(だいさかん)。明治27年1月3日死去。72歳。肥前長崎出身。名は政徳,達之。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀達之助

没年:明治27.1.3(1894)
生年:文政6.12.23(1824.1.23)
幕末の阿蘭陀通詞,英学者。諱は徳政,政徳,達之。中山作三郎5男として長崎に生まれ,堀儀左衛門の養子となる。西吉兵衛に蘭学を,独学で英語を学ぶ。弘化2(1845)年小通詞末席,同3年米国使節ビドル,嘉永6(1853)年と翌年のペリー来航時に通訳。安政2(1855)年外国文書を独断で処理したため5年間入獄。同6年蕃書調所翻訳方,辞書編纂主任,新聞翻訳。文久3(1863)年開成所教授職,慶応1(1865)年箱館奉行所通詞となり,箱館洋学所で英学教授。明治1(1868)年箱館裁判所参事席学校掛。この間に和漢洋書を収集して「函館文庫」とする。3年開拓使大主典,5年1等訳官,同年退職。吉田松陰が「通詞中の才物」と評した英学の先駆者。著訳に『大砲使用説』『英和対訳袖珍辞書』がある。<参考文献>長谷川誠一『函館英学史研究』

(向井晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほりたつのすけ【堀達之助】

1823~1894) オランダ通詞。肥前の人。英語研究の先覚者。1862年わが国最初の英語辞典「英和対訳袖珍しゆうちん辞典」を発行。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

堀達之助の関連キーワード日清戦争マクドナルドルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)リーケの原理日清戦争ロシア映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀達之助の関連情報