コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅地 カタジ

2件 の用語解説(堅地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐じ〔‐ヂ〕【堅地】

漆塗りなどの下地を、堅くしっかり塗り上げること。また、そのもの。
織物の布目が堅く締まっているもの。
きまじめなこと。物堅い気質。
「―の父の親の手を」〈浄・卯月の紅葉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたじ【堅地】

漆器の一種。漆器の木地に漆を塗った麻布を張り、さらに上漆をかけて仕上げた上質のもの。 → 糊地のりじ
材料や下地がしっかりしていること。 「 -の長持/浄瑠璃・卯月の潤色
きまじめなこと。 「 -に気をつくし、身汗水なして/浮世草子・永代蔵 4

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堅地の関連情報