コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水離れ/水放れ ミズバナレ

1件 の用語解説(水離れ/水放れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みず‐ばなれ〔みづ‐〕【水離れ/水放れ】

暖められて水が冷たくなくなること。
「漸(ようや)く―のした茶釜の湯を」〈長塚
水面から離れること。また、水中から取り出すこと。
「総じて鯉は―が大事ぢゃと申すに依って」〈虎寛狂・鱸庖丁
親子・夫婦などが離れ離れになること。
「つれなき―、立っても居てもあられねば」〈浄・八百屋お七
大坂堂島の米市で、大引けの前に仲買人が立ち去ること。
「早や追ひ立てる―」〈浄・盟約大石〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水離れ/水放れの関連キーワード青くなるくなくな枯燥死灰しなくな冷たくなるめでたくなる固くなる枯渇干上る

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone