コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田喜惣治 かただきそうじ

1件 の用語解説(堅田喜惣治の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かただきそうじ【堅田喜惣治】

長唄囃子方堅田家の家元。初世,2世は喜総治と表記。(1)初世 生没年不詳。鼓方の名手堅田新十郎の門弟といわれ,18世紀後半から19世紀初め(天明~文政期)にかけて大鼓打ちとして江戸の森田座,中村座などの歌舞伎に出演。(2)2世 生没年不詳。初世の子。芝居とは無関係であったらしい。(3)3世(1893‐1974∥明治26‐昭和49) 7世望月太左衛門の次男。小鼓方。本名安倍久蔵。1915年,喜惣治を襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone