コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田喜惣治 かただきそうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かただきそうじ【堅田喜惣治】

長唄囃子方堅田家の家元。初世,2世は喜総治と表記。(1)初世 生没年不詳。鼓方の名手堅田新十郎の門弟といわれ,18世紀後半から19世紀初め(天明~文政期)にかけて大鼓打ちとして江戸の森田座,中村座などの歌舞伎に出演。(2)2世 生没年不詳。初世の子。芝居とは無関係であったらしい。(3)3世(1893‐1974∥明治26‐昭和49) 7世望月太左衛門の次男。小鼓方。本名安倍久蔵。1915年,喜惣治を襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堅田喜惣治の関連キーワード望月 太左衛門(8代目)望月 太左衛門(9代目)望月 朴清(3代目)望月 朴清(4代目)堅田喜三久(3代)堅田 喜代蔵

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android