コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田喜惣治 かただきそうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かただきそうじ【堅田喜惣治】

長唄囃子方堅田家の家元。初世,2世は喜総治と表記。(1)初世 生没年不詳。鼓方の名手堅田新十郎の門弟といわれ,18世紀後半から19世紀初め(天明~文政期)にかけて大鼓打ちとして江戸の森田座,中村座などの歌舞伎に出演。(2)2世 生没年不詳。初世の子。芝居とは無関係であったらしい。(3)3世(1893‐1974∥明治26‐昭和49) 7世望月太左衛門の次男。小鼓方。本名安倍久蔵。1915年,喜惣治を襲名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

堅田喜惣治の関連キーワード望月 太左衛門(8代目)望月 太左衛門(9代目)望月 朴清(3代目)望月 朴清(4代目)堅田喜三久(3代)堅田 喜代蔵

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android