堅田喜惣治(読み)かただきそうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かただきそうじ【堅田喜惣治】

長唄囃子方堅田家の家元。初世,2世は喜総治と表記。(1)初世 生没年不詳。鼓方の名手堅田新十郎の門弟といわれ,18世紀後半から19世紀初め(天明~文政期)にかけて大鼓打ちとして江戸の森田座,中村座などの歌舞伎に出演。(2)2世 生没年不詳。初世の子。芝居とは無関係であったらしい。(3)3世(1893‐1974∥明治26‐昭和49) 7世望月太左衛門次男小鼓方。本名安倍久蔵。1915年,喜惣治を襲名

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android