堤春恵(読み)つつみ はるえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤春恵 つつみ-はるえ

1950- 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和25年2月26日生まれ。佐治敬三の長女。慶大,阪大で歌舞伎,人形浄瑠璃(じょうるり)を研究。堤剛と結婚,渡米先で劇作をまなぶ。第1作「鹿鳴館異聞」が文化庁舞台芸術創作奨励特別賞となり,平成5年「仮名手本ハムレット」で読売文学賞。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堤春恵の関連情報