コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐治敬三 さじけいぞう

2件 の用語解説(佐治敬三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐治敬三
さじけいぞう

[生]1919.11.1. 大阪
[没]1999.11.3. 兵庫
実業家。寿屋の創業者・鳥井信治郎の次男に生れたが母方の養子となる。 42年大阪大学理学部を卒業後学者を志すが,実兄が急逝したため 45年寿屋に入社。全国に「トリスバー」を展開してサラリーマン層へのウイスキーの普及に努める一方,「酒は文化」の考えのもと,PR誌『洋酒天国』を創刊するなど,第1次洋酒ブームを巻起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐治敬三 さじ-けいぞう

1919-1999 昭和後期-平成時代の経営者。
大正8年11月1日生まれ。鳥井信治郎の次男。母方の姓をつぐ。父が創業した寿屋(現サントリー)に昭和20年入社。マーケティング重視の経営で「トリスバー文化」を出現させ,36年社長,平成2年会長。ビールや医薬品,出版業にも進出。文化活動にも力をそそぎ,サントリー美術館,サントリーホールなどを設立。大阪商工会議所会頭などもつとめた。平成11年11月3日死去。80歳。大阪出身。大阪帝大卒。
【格言など】「もうかるか」いうことだけやなしに「おもろいか」という尺度で考える経営者がもっといていい(趣味の写真,俳句,絵画の個展をひらいて)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐治敬三の関連キーワード木下和夫国領経郎小林英司関晃辻隆長洲一二中西珠子新見嘉兵衛原田憲渡辺直経

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐治敬三の関連情報