佐治敬三(読み)さじけいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐治敬三
さじけいぞう

[生]1919.11.1. 大阪,大阪
[没]1999.11.3. 兵庫,川西
実業家。洋酒メーカーの草分けである寿屋(→サントリーホールディングス)の創業者鳥井信治郎の二男に生まれたが母方の養子となる。1942年大阪帝国大学理学部を卒業後学者を志すが,実兄が急死したため 1945年寿屋に入社。ウイスキー「トリス」の大量生産販売体制を整えると,全国の都市の歓楽街に「トリスバー」を展開してサラリーマン層へのウイスキーの普及に努め,第1次洋酒ブームを巻き起こした。一方で「酒は文化」の考えのもと,編集長に開高健を起用した PR誌『洋酒天国』を創刊するなど,広告・マーケティング主導の経営戦略の先鞭をつけた。1961年社長に就任。1963年社名をサントリーに変更,ビール事業に進出すると事業を飛躍的に拡大させた。1985年から大阪商工会議所会頭を務めた。サントリー美術館サントリーホールなどを開設,サントリー文化財団を設立して学芸賞や音楽賞を設けるなど出版・文化事業にも貢献した。みずからも音楽や俳句をたしなみ,油絵はプロ並みであった。1990年サントリー会長。1976年藍綬褒章,1986年フランス芸術文化勲章,1989年勲一等瑞宝章,1990年レジオン・ドヌール勲章を受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐治敬三 さじ-けいぞう

1919-1999 昭和後期-平成時代の経営者。
大正8年11月1日生まれ。鳥井信治郎の次男。母方の姓をつぐ。父が創業した寿屋(現サントリー)に昭和20年入社。マーケティング重視の経営で「トリスバー文化」を出現させ,36年社長,平成2年会長。ビールや医薬品,出版業にも進出。文化活動にも力をそそぎ,サントリー美術館,サントリーホールなどを設立。大阪商工会議所会頭などもつとめた。平成11年11月3日死去。80歳。大阪出身。大阪帝大卒。
【格言など】「もうかるか」いうことだけやなしに「おもろいか」という尺度で考える経営者がもっといていい(趣味の写真,俳句,絵画の個展をひらいて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐治敬三の関連情報