コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤義明 つつみ よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤義明 つつみ-よしあき

1934- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和9年5月29日生まれ。堤康次郎の子。堤清二の異母弟。西武鉄道など西武コンツェルンの大半を昭和39年継承。国土計画(現コクド)を本拠にして,膨大な不動産運営で事業を拡大。プリンスホテルの全国展開やスポーツ・レジャー施設の開発にあたる。プロ野球球団西武ライオンズのオーナー。JOC初代会長として冬季五輪を長野に誘致した。滋賀県出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の堤義明の言及

【西武鉄道】より

… 西武鉄道グループは国土計画(株)を中核に,西武鉄道(株),プリンスホテル(株),西武不動産(株),西武ライオンズ(株)など70社以上から成る。西武鉄道,伊豆箱根鉄道(株)の2社を除き,すべて非上場企業で,経営権は主要企業の社長を兼ねる堤義明が一手に掌握する。経営の実態はほとんど公開されていないが,事業の主体は全国のホテル,ゴルフ場,スキー場などのレジャー施設の総合的運営で,総売上高は1兆円と推定される(1996年度)。…

※「堤義明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堤義明の関連キーワード西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題日本オリンピック委員会セゾングループ世界長者番付堤 康次郎

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堤義明の関連情報