コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤清二 ツツミセイジ

4件 の用語解説(堤清二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐せいじ【堤清二】

[1927~2013]実業家・小説家。東京の生まれ。東大卒。康次郎の次男。昭和29年(1954)西武百貨店に入社。昭和41年(1966)社長に就任。以後、西友・パルコクレディセゾンなどを展開し、セゾングループを形成。また、辻井喬(つじいたかし)の筆名で小説家としても活躍。「虹の岬」で谷崎潤一郎賞、「父の肖像」で野間文芸賞受賞。平成24年(2012文化功労者

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤清二 つつみ-せいじ

1927-2013 昭和後期-平成時代の経営者,詩人,小説家。
昭和2年3月30日生まれ。堤康次郎の子。堤義明の異母兄。昭和39年父の死で西武百貨店を中心にした流通事業をうけつぎ,西友,パルコ,クレディセゾンなどをそだて,セゾングループを形成。62年セゾン文化財団を設立し,理事長。平成3年経営の第一線からしりぞく。辻井喬(たかし)の筆名で,詩集「異邦人」,小説「いつもと同じ春」「虹の岬」などをあらわす。16年「父の肖像」で野間文芸賞。18年芸術院恩賜賞。19年「鷲がいて」で読売文学賞,同年芸術院会員。21年「自伝詩のためのエスキース」で現代詩人賞。24年国際文化交流事業への長年の貢献でB・H・ロックフェラー賞。同年文化功労者。平成25年11月25日死去。86歳。東京出身。東大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堤清二
つつみせいじ
(1927―2013)

実業家。西武グループの創業者、堤康次郎(やすじろう)の次男。父より流通事業を受け継ぎ、セゾングループを築いた。また、辻井喬(つじいたかし)の筆名をもち、詩人、小説家としても活動した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の堤清二の言及

【西武鉄道】より

…康次郎の死後,義明が後継者となり,事業を発展させたが,これらの土地は第2次大戦後のインフレによって価格が高騰し,含み価値は現在,10兆円を上回るともいわれる。 これに対し,義明の異母兄,堤清二に率いられるセゾングループは(株)西武百貨店,(株)西友,(株)パルコ,(株)クレディセゾン(旧,(株)緑屋)など約100社から成るが,その内容の大部分は清二の代になってから形成された。グループの連結売上高は約1兆3000億円(1996年度)。…

※「堤清二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

堤清二の関連キーワード登録記念物官民ファンド醸造業石井マークCREAMAlexaあゆみくりかまき福山雅治地域医療日活(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堤清二の関連情報