コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤清二 ツツミセイジ

4件 の用語解説(堤清二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐せいじ【堤清二】

[1927~2013]実業家・小説家。東京の生まれ。東大卒。康次郎の次男。昭和29年(1954)西武百貨店に入社。昭和41年(1966)社長に就任。以後、西友・パルコクレディセゾンなどを展開し、セゾングループを形成。また、辻井喬(つじいたかし)の筆名で小説家としても活躍。「虹の岬」で谷崎潤一郎賞、「父の肖像」で野間文芸賞受賞。平成24年(2012文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堤清二【つつみせいじ】

辻井喬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤清二 つつみ-せいじ

1927-2013 昭和後期-平成時代の経営者,詩人,小説家。
昭和2年3月30日生まれ。堤康次郎の子。堤義明の異母兄。昭和39年父の死で西武百貨店を中心にした流通事業をうけつぎ,西友,パルコ,クレディセゾンなどをそだて,セゾングループを形成。62年セゾン文化財団を設立し,理事長。平成3年経営の第一線からしりぞく。辻井喬(たかし)の筆名で,詩集「異邦人」,小説「いつもと同じ春」「虹の岬」などをあらわす。16年「父の肖像」で野間文芸賞。18年芸術院恩賜賞。19年「鷲がいて」で読売文学賞,同年芸術院会員。21年「自伝詩のためのエスキース」で現代詩人賞。24年国際文化交流事業への長年の貢献でB・H・ロックフェラー賞。同年文化功労者。平成25年11月25日死去。86歳。東京出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堤清二
つつみせいじ
(1927―2013)

実業家。西武グループの創業者、堤康次郎(やすじろう)の次男。父より流通事業を受け継ぎ、セゾングループを築いた。また、辻井喬(つじいたかし)の筆名をもち、詩人、小説家としても活動した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堤清二の言及

【西武鉄道】より

…康次郎の死後,義明が後継者となり,事業を発展させたが,これらの土地は第2次大戦後のインフレによって価格が高騰し,含み価値は現在,10兆円を上回るともいわれる。 これに対し,義明の異母兄,堤清二に率いられるセゾングループは(株)西武百貨店,(株)西友,(株)パルコ,(株)クレディセゾン(旧,(株)緑屋)など約100社から成るが,その内容の大部分は清二の代になってから形成された。グループの連結売上高は約1兆3000億円(1996年度)。…

※「堤清二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堤清二の関連キーワード天田昭次彼末宏川井健川村勇白土吾夫田中勝宣塚本学夏目晴雄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堤清二の関連情報