コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

場の反作用 ばのはんさようreaction of field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

場の反作用
ばのはんさよう
reaction of field

自然界は物質と場から成り立つが,場の量子論によれば場と粒子は互いに付随しており,粒子が場に相互作用を及ぼすときには,場から粒子への反作用も一般には無視できない。このような効果を場の反作用と呼ぶ。粒子の運動が変化するときには,粒子の周囲の固有の場も変化しなければならないから,場の慣性の力が粒子に働き,粒子の質量が見かけ上変化したように見える。このような高次効果の取扱いは発散の困難を含み,くりこみ理論によって処理される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

場の反作用の関連キーワードラムシフト量子論

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android