コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚原健二郎 つかはら けんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚原健二郎 つかはら-けんじろう

1895-1965 大正-昭和時代の童話作家。
明治28年2月16日生まれ。武者小路実篤(むしゃのこうじ-さねあつ)の新しき村に参加。大正10年小説「血につながる人々」を発表する。15年ごろから童話をかきはじめ,「赤い鳥」などに執筆。昭和8年集団主義童話を提唱。戦後は日本児童文学者協会の理事をつとめ,39年会長。昭和40年8月7日死去。70歳。長野県出身。松代農商中退。俳号は子竹。著作に「風と花の輪」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塚原健二郎
つかはらけんじろう
(1895―1965)

児童文学者。長野県東条村(現長野市)に生まれる。農学校中退。島崎藤村(とうそん)に師事、1921年(大正10)『中央公論』に小説処女作『血につながる人々』を発表したが、26年から『赤い鳥』に童話を執筆、『集団主義童話の提唱』(1933。都(みやこ)新聞)以来、生活派の童話作家として知られる。処女出版の『七階の子供たち』(1937)ほか童話集が多く、代表作は長編『風と花の輪』(1959。未明(みめい)文学賞受賞)。64年(昭和39)日本児童文学者協会会長となり、翌年没した。[関 英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の塚原健二郎の言及

【児童文学】より

…しかし,理論をうらづけるだけの実作をともなわないままに解放運動は中絶し,転向と抵抗との複雑なからみあいのなかで,社会主義リアリズムの一側面を生活主義童話の提唱としておし出した。槙本,川崎や塚原健二郎,岡本良雄らの作品で,児童の自主性と社会性が児童文学のおもな題材となる道はひらけたが,戦争の重圧のなかで平板な生活童話に変質し,スケッチ的・風俗小説的作風は現代の児童文学になお色こくみられる弱点となっている。これは,回想的・私小説的方法とともに,児童文学から物語性に富んだおもしろさをうばいとり,子どもを通俗文学のとりことして放置する結果を生んだ。…

※「塚原健二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塚原健二郎の関連キーワード塚原 健二郎投書雑誌酒井朝彦那須田稔昭和時代中央公論塚原亮一浜光雄英雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android