コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚本善隆 つかもと ぜんりゅう

2件 の用語解説(塚本善隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚本善隆 つかもと-ぜんりゅう

1898-1980 大正-昭和時代の仏教史学者,僧。
明治31年2月8日生まれ。浄土宗。京都嵯峨(さが)の清凉寺住職。中国の北魏,隋,唐の仏教史を研究。京大人文科学研究所長,京都国立博物館長,仏教大教授などをつとめた。日中友好仏教協会会長。学士院会員。昭和55年1月30日死去。81歳。愛知県出身。京都帝大卒。字(あざな)は凡愚。号は西蓮社安誉。著作に「日支仏教交渉史研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つかもとぜんりゅう【塚本善隆】

1898‐1980(明治31‐昭和55)
中国仏教史家。愛知県の出身。京都大学教授,京都国立博物館長,学士院会員を歴任。従来の仏教学者に認められた自己の宗旨の立場からする護教的な一面性を乗り越えて,中国仏教史というまったく新しい研究分野を独自に開拓し,学問的な体系を組み立てた。その研究は,北魏・隋・唐の仏教史を中心として日中仏教交渉史まで幅が広く,《唐中期の浄土教》,《日支仏教交渉史研究》等著書も多い。【勝村 哲也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塚本善隆の関連キーワード森白甫原始仏教根本仏教江部鴨村大屋徳城加地哲定小西存祐羽渓了諦花田凌雲山本晃紹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone