コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚越停春 つかごし ていしゅん

1件 の用語解説(塚越停春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚越停春 つかごし-ていしゅん

1864-1947 明治-昭和時代前期の文学者,歴史家。
元治(げんじ)元年3月3日生まれ。郷里の群馬県で教員となり,自由民権運動,廃娼(はいしょう)運動にくわわる。明治22年上京,民友社の記者,編集者,史論家として活躍。「東京市史稿」「大震災録」を完成させた。昭和22年12月31日死去。84歳。本名は芳太郎。別号に停春楼,雲野通路,春風道人。著作に「読史余録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

塚越停春の関連キーワード元治イギリス映画一竜斎貞山2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone