コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚越停春 つかごし ていしゅん

1件 の用語解説(塚越停春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚越停春 つかごし-ていしゅん

1864-1947 明治-昭和時代前期の文学者,歴史家。
元治(げんじ)元年3月3日生まれ。郷里の群馬県で教員となり,自由民権運動,廃娼(はいしょう)運動にくわわる。明治22年上京,民友社の記者,編集者,史論家として活躍。「東京市史稿」「大震災録」を完成させた。昭和22年12月31日死去。84歳。本名は芳太郎。別号に停春楼,雲野通路,春風道人。著作に「読史余録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

塚越停春の関連キーワード井伊直忠阿蘇惟孝牛尾梅吉加門桂太郎川名博夫鈴木諦教関口高次松井元興松浦厚峯尾文太郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone