コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民友社 みんゆうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民友社
みんゆうしゃ

徳富蘇峰が平民主義を標榜する雑誌『国民之友』を発行するためにつくった出版社。 1887年創立。『国民之友』『国民新聞』その他を発行して自由民権運動敗退後の進歩的平民主義思想の発展に寄与した。しかし日清戦争 (1894~95) を契機に政府当局との妥協がみられるようになるとともに影響力を失い,『国民新聞』だけの発行にとどまることになった。以後,次第に国家主義的な傾向をたどったが,そのため世論の攻撃を受けるようになり,1913年には政界と縁を切り,29年には『国民新聞』を手放して民友社の使命は終った。蘇峰の弟蘆花,宮崎湖処子人見一太郎,竹越三叉,内田魯庵,山路愛山国木田独歩らが参画した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

民友社【みんゆうしゃ】

1887年徳富蘇峰が創立した思想結社および出版社。《国民之友》《国民新聞》などを発行。社員に湯浅治郎,山路愛山竹越与三郎国木田独歩徳冨蘆花ら。自由・民主・平和を基調とする平民主義を掲げ,青年知識層の支持を得て明治中期の言論,思想界に大きな影響を与えた。
→関連項目社会小説宮崎湖処子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みんゆうしゃ【民友社】

1887年1月,徳富蘇峰が熊本の大江義塾の関係者を中心に東京赤坂に設立した思想結社および出版社。同年2月総合雑誌《国民之友》(社名は本誌に由来する)を創刊,同誌は藩閥政治と貴族的な欧化政策に反対して平民主義を掲げ,徳富らがその担い手と期待する〈田舎紳士〉をはじめとする青年知識層の支持を得て,明治中期の言論思想界に多大の影響を与えた。このほかの定期刊行物としては社名を変えてはいるが,90年《国民新聞》(国民新聞社),92年《家庭雑誌》(家庭雑誌社),96年には英文版《国民之友》として《The Far East》を創刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みんゆうしゃ【民友社】

1887年(明治20)徳富蘇峰が創立した出版社。雑誌「国民之友」を発行。90年に「国民新聞」を創刊。国粋主義・欧化主義のいずれにも反対し、平民主義の立場から論陣を張ったが、日清戦争後、国家主義への傾斜を深めた。社員に徳富蘆花・山路愛山・竹越与三郎・国木田独歩らを擁した。1933年まで存続。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民友社
みんゆうしゃ

1887年(明治20)徳富蘇峰(とくとみそほう)が湯浅治郎の協力を得て創業した出版社。アメリカの総合雑誌『The Nation』を模した『国民之友』(1887~98)は、平民主義を標榜(ひょうぼう)し進歩的な評論誌として評判で、続く『国民新聞』『家庭雑誌』『The Far East』も好評であったが、日清(にっしん)戦争後、蘇峰が桂(かつら)太郎内閣の藩閥政治を支援し、出版物に国家主義的論調が多くなるにつれて、大衆の支持を失うに至った。蘇峰のもとに集まった同人には、竹越三叉(たけごしさんさ)、塚越停春(つかごしていしゅん)、森田思軒(しけん)、宮崎湖処子(こしょし)、山路愛山(やまじあいざん)、徳冨蘆花(とくとみろか)らがおり、遅れて国木田独歩(くにきだどっぽ)が加わった。図書出版では、蘆花のベストセラー『不如帰(ほととぎす)』『自然と人生』、伝記書『十二文豪』、海外思想を紹介した「平民叢書(そうしょ)」、蘇峰の『近世日本国民史』など、同人の著書を中心に、政治、思想、文学にわたり刊行し、明治・大正期の文芸界に大きい影響を与えた。1933年(昭和8)民友社は明治書院に吸収合併され終焉(しゅうえん)する。[大久保久雄]
『並木仙太郎編『民友社三十年史』(1917・民友社) ▽杉井六郎・今中寛司・同志社大学人文科学研究所編『民友社の研究』(1977・雄山閣出版) ▽平林一・山田博光編『民友社文学の研究』(1985・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の民友社の言及

【国民之友】より

徳富蘇峰によって設立された民友社から,蘇峰みずから主筆となって1887年(明治20)に発刊された総合雑誌。誌名はアメリカの《ネーション》誌からとられた。…

【ジャーナリズム】より

…こののち,明治20年代の大日本帝国憲法体制の創成期にこれらの政治党派とは距離をおいた言論人独自の文筆活動がさかんとなった。この時期の思想界の花形だった徳富蘇峰は民友社をひきいて雑誌《国民之友》と《国民新聞》などにより思想の近代化を唱え,彼のいう〈平民主義〉に多くの青年たちを共鳴させた。また二葉亭四迷や徳冨蘆花などによる文学の革新をも実現させた。…

※「民友社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民友社の関連キーワード徳富蘆花・徳富芦花角田 浩々歌客人見 一太郎国木田 独歩最暗黒之東京福田和五郎内部生命論塚越 停春竹越 竹代徳富 蘇峰山路 愛山自然と人生久保田米僊山田 道兄欧化主義徳富蘆花大正政変平田 久塚越停春武蔵野

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android