塩田牛渚(読み)しおだ ぎゅうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩田牛渚 しおだ-ぎゅうしょ

1829-1866 江戸時代後期の画家。
文政12年生まれ。もと陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。弟に家督をゆずり,越後(えちご)の行田雲濤,長崎の鉄翁祖門(てっとう-そもん),木下逸雲(いつうん)にまなび,花鳥画にすぐれた。藩主松平容保(かたもり)が京都守護職になると,京都にすみ画業にはげんだ。慶応2年死去。38歳。名は允。通称は番。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android