コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界性パーソナリティ障害 きょうかいせいぱーそなりてぃしょうがい Borderline personality disorder

翻訳|Borderline personality disorder

1件 の用語解説(境界性パーソナリティ障害の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

境界性パーソナリティ障害

感情や思考のコントロール障害を主症状とする精神疾患。名称は「神経症」と「統合失調症」の境界にある症状と考えられたことに由来する。思春期に多く発症し、精神科入院患者は女性が多い(75%程度)。罹患率は人口比1~3%程度とされている。発症すると、感情が極端に不安定となり、慢性的な虚無感を感じる、1人でいられない、衝動的な飲食・買い物に走る、他者への評価が単純化・不安定化する、理不尽な激しい怒りに襲われる、現実認識が低下する、自傷行為を行うといった症状が現れる。かつては境界性人格障害と邦訳されていたが、2003年より本疾病名に変更された。治療には、薬物療法精神療法が用いられる。本疾患に罹患していたとされる著名人に、ヘルマン・ヘッセ、太宰治、ダイアナ妃マリリン・モンローなどがいる。

(2013-9-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境界性パーソナリティ障害の関連キーワードノイローゼセルフコントロールマインドコントロールラジオコントロールトーンコントロールバランスコントロールVBRコントロールペインコントロールレイマンコントロールコントロールライン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

境界性パーソナリティ障害の関連情報