罹患率(読み)リカンリツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

罹患率
りかんりつ

ある期間内(多くの場合1年)に発生した患者数をそれに対応する人口で割ったもので、疾病の発生率ということもできる。疾病別あるいは人間集団別(性、年齢、地域別等)に計算することも可能である。罹患率は、どの人間集団にどんな疾病の発生率が高いか、あるいは低いかを論ずる(記載疫学)ために求められるものであるため、割り算の分母である人口は、その疾病に罹患する可能性のある人口でなければならない。したがって、子宮癌(がん)の罹患率では女性の人口が分母となる。

[杉田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りかん‐りつ リクヮン‥【罹患率】

〘名〙 一定期間中に特定の疾患にかかった患者の、人口に対する比率。普通、人口一〇〇〇人に対する患者数に換算して表わす。罹病率。
※目撃者の反省(1941)〈杉山英樹〉「満州における結核性疾患は内地に比し一般にその罹患率高く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の罹患率の言及

【罹病率】より

…罹患率あるいは疾病率ともいう。一般的には次式によって与えられる。…

※「罹患率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報