コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨摺絵 すみずりえ

2件 の用語解説(墨摺絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨摺絵
すみずりえ

墨摺ともいう。浮世絵の一種で,墨一色で摺刷された一枚絵の浮世絵。万治年間 (1658~61) に菱川師宣が版本挿絵から独立した墨摺絵を制作したのが最初で,浮世絵技法の最も基本的な形式。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨摺絵
すみずりえ

浮世絵版画の版様式名。墨一色で摺(す)られた木版画で、単に墨摺ともいう。技法上は墨一色の版本挿絵や絵本類と変わらないので、広義にはこれらも含めるが、狭義には一枚絵にのみ用いる。1670年(寛文10)ごろに菱川師宣(ひしかわもろのぶ)らによって版本挿絵から独立、風俗画、武者絵がつくられたのが最初で、墨摺絵の誕生は浮世絵版画の誕生でもあった。素朴ではあるが、墨と紙の織り成す雄渾(ゆうこん)な構成美が賞賛されている。まもなくこれに筆彩色することも行われ、初期の浮世絵版画は墨摺絵と筆彩作品の2種に大別される。[浅野秀剛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の墨摺絵の言及

【浮世絵】より

…その早い例が,慶長年間(1596‐1615)の後半から元和年間(1615‐24)にかけて本阿弥光悦や角倉素庵ら京都の町衆が出版した版本,いわゆる〈嵯峨本〉の挿絵である。《伊勢物語》(1608刊)や《百人一首》(慶長年間刊)の挿絵は,大和絵風の素朴な墨摺絵で,技術的にはなお未熟ながら,一流の町衆文化人により企画されただけに優雅な趣を備えるものであった。一方,そうした古典文学を版刻普及しようとする豪華な嵯峨本とは別に,町の版元による大衆的な読み物,御伽草子や仮名草子の絵入り版本の刊行も,はじめ京都におこり,やがては大坂や江戸にひろがりながら,しだいにさかんとなっていった。…

※「墨摺絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨摺絵の関連情報