壮図(読み)そうと

精選版 日本国語大辞典「壮図」の解説

そう‐と サウ‥【壮図】

〘名〙 勇ましく立派なくわだて。大規模な計画。雄図
※蕉堅藁(1403)送列侍者「爾連雲翼老境嗟吾赴壑蛇」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「英断の壮図(サウト)を運らし、大に買占めむとする者」 〔杜甫‐過南嶽入洞庭湖詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「壮図」の解説

そう‐と〔サウ‐〕【壮図】

規模が大きくてりっぱな計画。「一大壮図を抱く」「壮図半ばにして挫折する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「壮図」の解説

【壮図】そう(さう)と

壮大な企て。晋・陸機〔武帝を弔ふ文〕雄心はに摧(くだ)け、壯圖は哀志にり、長算は短日に屈し、促路に頓(とどま)る。

字通「壮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android