声先(読み)コワサキ

デジタル大辞泉の解説

言葉の端々。
「―ばかりわづかに聞きしものを」〈発心集・七〉
謡曲で謡いだしの最初の声。
「―調子に合ふこと、左右なくなし」〈花鏡
言葉の調子。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 声の出しはじめ。声の端。
※発心集(1216頃か)七「ありし夜の物語の中に、丹波の方へとやらん、こはさき計(ばかり)わづかに聞きし物をと思ひ出でて」
② ことばの調子。口調。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 俳諧で、作句の順と関係なく、先に付句ができて声をかけた作者の句を採用すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

声先の関連情報