コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対位法 たいいほうPoint Counter Point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対位法
たいいほう
Point Counter Point

イギリスの作家 A.L.ハクスリーの小説。 1928年刊。『恋愛対位法』という訳名もある。第1次世界大戦後のロンドンの知識人と上流社会を風刺的に描く。文学,絵画,音楽,そして政治への言及が多くみられ,背後には広い科学的知識がある。物語は入組んでいて多数の人物が登場し,彼らをめぐる愛欲や葛藤を音楽の対位法になぞらえて,バリエーションを積重ねる手法で描く。

対位法
たいいほう
counterpoint

音楽用語。「点 (音符) 対点 (音符) 」を意味するラテン語の punctus contra punctumに由来する語で,一定の旋律 (定旋律) に対して他の旋律を結びつける手法をいう。2声の単純対位法から,模倣や転回の技法を含む3声あるいは4声以上の複雑な対位法まであり,カノンフーガなどの作曲形式の母体をなすものである。歴史的には9~12世紀のオルガヌムに初期の形態がみられるが,15~16世紀に声楽ポリフォニーの完成に伴って教会旋法に基づく古典対位法が確立され,ジョスカン,ラッスス,パレストリーナらが模範的な作品を残した。 17世紀から 18世紀にかけては,長短両調に基づく和声的対位法が起り,バッハによって頂点が築かれた。その後単声楽が音楽の主流を占めるが,作曲技法としての対位法の役割は失われず,特に 20世紀に入って 12音音楽の誕生とともに,再び大切な技法の一つとされるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいい‐ほう〔タイヰハフ〕【対位法】

それぞれ独立した旋律を担う声部を、いくつか同時に組み合わせて楽曲を構築する作曲技法。コントラプンクト。
建築・文学・映画などで、二つのまったく対照的な様式・発想などを組み合わせて構成する方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

対位法【たいいほう】

音楽の作曲技法の一つ。和声法の対。語源は,ある音に対して別の音を対置するという意味で,2つ以上の旋律を組み合わせてポリフォニーをつくる技法をさす。その起源はオルガヌムであり,16−18世紀にはフーガなど各種の複雑な技法が完成した。
→関連項目カノンケルビーニシャルパンティエシャンソントッカータバッハパレストリーナベートーベン変奏曲ミヨーモテットリチェルカーレレーガー和声

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいいほう【対位法 counterpoint】

〈点(音符)に対する点(音符)〉を意味するラテン語punctus contra punctumに由来する音楽用語。二つ以上の独立の旋律線を同時に結合する作曲技術を指す。広義の多声現象はヘテロフォニードローン,平行唱という形態で西洋以外の音楽にも広くみられるが,狭義の多声音楽すなわちポリフォニーを体系的に発達させたのは西洋の特色である。対位法はポリフォニーの技法および理論として13世紀以来作曲の基礎をなし,17世紀以後に発達する和声法とともに,今日まで作曲法教程の主要科目とみなされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいいほう【対位法】

音楽で、独立性の強い複数の旋律を調和させて楽曲を構成する作曲技法。コントラプンクト。
映画で、ある画面に対して他の画面を配置し、その組み合わせによって展開を試みる手法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対位法
たいいほう
counterpoint英語
Kontrapunktドイツ語
contrepointフランス語
contrappuntoイタリア語

西洋音楽の作曲技法用語。「点対点」すなわち「音符対音符」を意味するpunctus contra punctum(ラテン語)に由来する。単旋律の場合を除けば、音楽は音の垂直的融合を重視するホモフォニーと水平的融合を重視するポリフォニーに大別されるが、前者の技法を和声法、後者の技法を対位法とよぶ。対位法では、二つ以上の旋律が各声部の旋律的独立性を損なうことなく複音楽的に組み合わされる。対位法は、大別して、音の継時的構成である旋律の要素がとくに重視される「線的対位法」linearer Kontrapunkt(ドイツ語)と、各声部が旋律的独立性を保ちながら機能的な和声的法則も尊重される「和声的対位法」harmonischer Kontrapunkt(ドイツ語)の2種に分類されるが、後者もその究極的な対象が音の横のつながりであることに変わりはない。
 9世紀末ごろよりオルガヌムとして芽ばえた対位法の技法は、ノートル・ダム楽派を通じ13世紀にはすでに展開されている。そして14世紀のアルス・ノバの時代には独立的な多声部書法の理論として確立され、16世紀の作曲家パレストリーナ、ラッスス、W・バードなどのモテットやマドリガルやミサ曲に至って、その最盛期を迎える。パレストリーナらを頂点とする対位法はすべて教会旋法を基礎に置く線的対位法である。この種の対位法に関する理論書のなかでもっとも重要なものの一つにフックスJohann Joseph Fux(1660―1741)の著した『グラドゥス・アド・パルナッスム』Gradus ad Parnassumがあり、これはいまなお対位法教程に影響を与えている。
 ルネサンス末期から17世紀にかけて、音楽が徐々に調性感をもち始めると、対位法もまたその影響を受けて、音の縦の連なり(和声法)を考慮に入れるようになる。こうして和声対位法は成立し、J・S・バッハにおいてその頂点が築かれるに至る。バッハがこの新しい形の対位法にいかに精通していたかは、彼のどの作品をみても明らかであるが、とりわけ『フーガの技法』『二声のインベンション』『シンフォニア(三声のインベンション)』『平均律クラビーア曲集』において、その熟達ぶりを知ることができる。この和声対位法に関しては、キルンベルガーJohann Philipp Kirnberger(1721―1783)が理論書を著し、先にあげた線的対位法に関するフックスの理論書と双璧(そうへき)をなしている。18世紀中ごろから19世紀末ごろの間、すなわち機能和声に基づいたホモフォニー全盛のウィーン古典派とロマン派の時代にあっては、対位法はおのずと影を潜めていた。
 しかし19世紀の末ごろ、ふたたびバッハ様式に基づいた対位法の教本が、リヒターErnst Friedrich Eduard Richter(1808―1879)、ヤーダスゾーンSalomon Jadassohn(1831―1902)、リーマンKarl Wilhelm Julius Hugo Riemann(1849―1919)らによって出版された。一方、20世紀に入ると、十二音音楽などに代表されるように調性体系を解体しようとする傾向が現れた結果、機能和声にとらわれない線的対位法が復活した。
 対位法は一般に、定旋律とよばれる主要旋律(多くの場合フレーズの冒頭にある)に対して、対旋律あるいは対位旋律とよばれる新たな声部が加えられた楽曲のことをいう。この対旋律が一つの場合は二声対位法、二つの場合は三声対位法といい、以下八声対位法まである。こうしてつくられる対位法は、フックスの理論書に述べられた条件を厳正に満たす場合「厳正対位法」とよばれ、バッハの作品のようにフックスの規則に従っていなければ「自由対位法」とよばれる。また、声部間の交替が可能な対位法は「二重対位法」あるいは「転回対位法」といい、不可能なものは「単純対位法」という。[黒坂俊昭]
『下総皖一著『音楽講座 対位法』(1951・音楽之友社) ▽石黒脩三著『対位法――解説と課題』(1969・全音楽譜出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の対位法の言及

【音楽】より

…第3の特徴は,音楽のさまざまな側面で行われた合理化の追求である。音楽の理論化は西洋に限らず他の高度文化にも認められるが,西洋音楽では理論と実践が常に補完的関係にあって,教会旋法や調性といった音組織,定量記譜法や拍節リズムといった時間組織,対位法や和声法といった作曲法において,理論的にも実践的にも精緻かつ整合的な体系を作りあげた。音楽という,ある意味では最も非合理的な芸術が,むしろその非合理的な性格ゆえに,他の諸芸術には見られないほどの合理化を推し進めたのである。…

【ポリフォニー】より

…西洋以外の音楽でもポリフォニー的なものは存在するが,むしろヘテロフォニーというべきものが多い。ポリフォニーはその発展が対位法の歴史と重なるところから,対位法と同義的に扱われることが多いが,厳密には対位法はポリフォニーにおけるある特定の技法を指す。 ヨーロッパではポリフォニーの歴史は宗教的声楽曲とともに始まる。…

※「対位法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

対位法の関連キーワードモーツァルト:二台のピアノのためのフーガ ハ短調/2 pianos 4 handsバッハ:幻想曲 ハ短調(ロンドによる)/piano soloバッハ:2つの主題による幻想曲 ト短調/piano soloメンデルスゾーン:7つの性格的な小品/piano soloショパン:3つのマズルカ/piano soloフーガ [fugue]ケックラン(ケクラン)ミスリヴェチェクコントラプンクトグレチャニノフ音楽の捧げものヒンデミットフーガの技法アレンスキーザイデルマンロッシーニブーレーズゼールバハコッコネン転回対位法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対位法の関連情報