声韻(読み)セイイン

デジタル大辞泉の解説

せい‐いん〔‐ヰン〕【声韻】

こえとひびき。また、こえのひびき。音韻。
短歌上下の句の終わりに同じ字がくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいいん【声韻】

こえとひびき。音韻。
歌論で、句の終わりに同字の重なること。 「 -とて句のはてに同字のをりあひたるをば嫌ふ也/正徹物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐いん シャウヰン【声韻】

〘名〙 (「しょう」は「声」の呉音)
① 中国の言語学上の用語。声母と韻母。子音と母音にほぼ同じ。音韻
※悉曇輪略図抄(1287)一「凡反音二字内、上字主音、下字主響。反切一字者、声韻共具足」

せい‐いん ‥ヰン【声韻】

〘名〙
① 声とひびき。音韻。
※十善法語(1775)五「馬鳴菩薩が和羅伎を製す。世人この声韻に感じて、苦空無常無我をさとり」 〔晉書‐王敦伝〕
② 和歌の上下の句の終わりに同じ字が来ること。
正徹物語(1448‐50頃)上「上の句下の句の頭の字を平頭の病といふ也。是をば近比(ちかごろ)は嫌はぬ也。声韻とて句のはてに同字のおりあひたるをば嫌ふ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android