コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声韻 セイイン

デジタル大辞泉の解説

せい‐いん〔‐ヰン〕【声韻】

こえとひびき。また、こえのひびき。音韻。
短歌上下の句の終わりに同じ字がくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいいん【声韻】

こえとひびき。音韻。
歌論で、句の終わりに同字の重なること。 「 -とて句のはてに同字のをりあひたるをば嫌ふ也/正徹物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

声韻の関連キーワードシヤメン=シャントウ(厦門・汕頭)方言ベトナム音楽和歌四式正徹物語高貝弘也中国語王念孫万斯同音韻黄侃古文同字歌論

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android