コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売僧 マイス

デジタル大辞泉の解説

まい‐す【僧】

唐音
僧でありながら物品の販売などをする堕落(だらく)僧。また、僧をののしっていう語。えせぼうず。まいすぼうず。
「腹を立てずは誠の出家でござらうず。もし腹を立てたならば―でござらうによりて」〈虎寛狂・腹立てず
人をだます者。うそつき。また、うそ。
「汝(うぬ)が様な―めは、かうして腹癒(い)ようか」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいす【売僧】

〔「まい」 「す」ともに唐音〕
商売をする僧。仏法を種に金品を不当に得る僧。禅宗から起こった語。 「君のやうな-に焼かれたら祖母おばあさんは泣くだらう/続風流懺法 虚子
人をだます者。また、人や僧をののしっていう語。 「 -坊主」 「人を惑はす-の類/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
うそ。いつわり。 「 -ヲユウ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

売僧の関連キーワード自由太刀余波鋭鋒

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android