コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売僧 マイス

2件 の用語解説(売僧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まい‐す【僧】

唐音
僧でありながら物品の販売などをする堕落(だらく)僧。また、僧をののしっていう語。えせぼうず。まいすぼうず。
「腹を立てずは誠の出家でござらうず。もし腹を立てたならば―でござらうによりて」〈虎寛狂・腹立てず
人をだます者。うそつき。また、うそ。
「汝(うぬ)が様な―めは、かうして腹癒(い)ようか」〈浄・浪花鑑

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まいす【売僧】

〔「まい」 「す」ともに唐音〕
商売をする僧。仏法を種に金品を不当に得る僧。禅宗から起こった語。 「君のやうな-に焼かれたら祖母おばあさんは泣くだらう/続風流懺法 虚子
人をだます者。また、人や僧をののしっていう語。 「 -坊主」 「人を惑はす-の類/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
うそ。いつわり。 「 -ヲユウ/日葡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

売僧の関連情報