売文(読み)ばいぶん

精選版 日本国語大辞典「売文」の解説

ばい‐ぶん【売文】

〘名〙 文章を作り、それを売って報酬を得ること。また、それによって生活を維持すること。
※星巖集‐戊集(1856)玉池生後集・売文「売文随処為生活、栄辱昇沈総偶然」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「已むなくは下宿にを噛って売文の生活をする積りで居る内」 〔杜甫‐聞斛斯六官未帰詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「売文」の解説

【売文】ばいぶん

人のために文を作ってくらす。宋・楊万里〔郭才挙を送るが友人郭克の子才擧は書生なり。賣を以て生の作業と爲す。

字通「売」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android