売文(読み)バイブン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文章を作り、それを売って報酬を得ること。また、それによって生活を維持すること。
※星巖集‐戊集(1856)玉池生後集・売文「売文随処為生活、栄辱昇沈総偶然」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一〇「已むなくは下宿に藷を噛って売文の生活をする積りで居る内」 〔杜甫‐聞斛斯六官未帰詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android