コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺井六五郎 つぼい ろくごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壺井六五郎 つぼい-ろくごろう

1749-1827 江戸時代中期-後期の殖産家。
寛延2年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)山田郡西十川(にしそがわ)村の大庄屋。賦課にくるしむ村民をみて,私財をもって租税をつぐない,水利,架橋など公益につくした。文政10年6月死去。79歳。名は忠弘。号は鳶山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

壺井六五郎の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)寺西封元音波舎密開宗カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone