コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺井六五郎 つぼい ろくごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壺井六五郎 つぼい-ろくごろう

1749-1827 江戸時代中期-後期の殖産家。
寛延2年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)山田郡西十川(にしそがわ)村の大庄屋賦課にくるしむ村民をみて,私財をもって租税をつぐない,水利,架橋など公益につくした。文政10年6月死去。79歳。名は忠弘。号は鳶山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

壺井六五郎の関連キーワード丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)ラプラス石井雨考佐藤竜谷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android