コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 へんいがたくろいつふぇるとやこぶびょう variant Creutzfeld‐Jacob Disease

1件 の用語解説(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病

牛海綿状脳症(BSE)は、プリオンが原因となって起こる病気で、本来ウシが感染する。しかし、BSEに感染したウシの肉を食べると、ヒトに感染することがある。この場合、本来のクロイツフェルト・ヤコブ病とは異なることから、変異型という。比較的若い人にも罹患することが特徴である。抑うつ、不安、自閉、異常行動などの精神障害で始まり、しばしば上・下肢の感覚障害記憶障害、進行性認知症、運動失調などを伴い、全身衰弱・呼吸不全・肺炎などで死亡する。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の関連キーワード海綿状組織プリオンウシ海綿状脳症狂牛病牛海綿状脳症肉骨粉特定危険部位クロイツフェルト-ヤコブ病BSE(牛海綿状脳症)藤田田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の関連情報