コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸不全 こきゅうふぜん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼吸不全
こきゅうふぜん

動脈血ガス、とくに酸素と炭酸ガス(二酸化炭素)が異常な値を示し、それがために生体が正常な機能を営みえない状態をいう。呼吸不全には、動脈血ガス酸素分圧の低下(低酸素血症)があるが、動脈血ガス炭酸ガス分圧が異常に高いもの(高炭酸ガス血症)と、しからざるもの(低炭酸ガス血症)に分けられる。また進展と経過により、急性と慢性に分類される。
 急性の呼吸不全を呈する原因疾患は、急性肺損傷、急性呼吸促迫症候群、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪など多数ある。慢性呼吸不全の基礎疾患としては、COPDがもっとも多い。
 高炭酸ガス血症のあるものでは、漸次意識障害をおこし、傾眠や昏迷(こんめい)状態となり昏睡をきたす。肺の呼吸機能の低下の程度に応じ、肺動脈の血圧が上昇して肺高血圧症をきたし、ついに肺性心(右心不全)となる。慢性呼吸不全の症状としては、頭痛、体動時の息切れ、爪甲(そうこう)・口唇・耳たぶなどにみられるチアノーゼなどがある。
 治療としては、原因に対する適切な治療とともに酸素療法、人工呼吸法等がある。気管内挿管を行わずマスク装着による非侵襲的陽圧呼吸(NPPV:Noninvasive Positive Pressure Ventilation非侵襲的陽圧換気療法ともいう)が有用である。
 慢性呼吸不全患者は十分に管理、治療されていれば、予後はかならずしも悲観的ではない。予後を左右する因子は急性増悪で、その原因としては気道感染がもっとも多い。急性増悪時には、特殊なICUである呼吸器関係のIRCU(Intensive Respiratory Care Unit)やRCUなど、いわゆる重症呼吸集中治療室における治療が救命に役だっている。[山口智道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

こきゅう‐ふぜん〔コキフ‐〕【呼吸不全】

呼吸機能の障害によって、動脈血中の酸素や二酸化炭素の濃度が異常な値を示し、生体が正常な機能を営むことができない状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

呼吸不全の関連キーワード先天性ミオパチー(非進行性ミオパチー)変異型クロイツフェルト・ヤコブ病筋緊張性(強直性)ジストロフィーウェルドニッヒ・ホフマン病糖原病(グリコーゲン病)在宅酸素療法の適応基準びまん性汎細気管支炎SARS(新型肺炎)急性呼吸窮迫症候群先天性ミオパチー慢性閉塞性肺疾患血管内凝固症候群乳児ボツリヌス症変異型ヤコブ病急性間質性肺炎レスピレーターサントニン中毒在宅酸素療法産科ショック筋弛緩剤事件

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼吸不全の関連情報