コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国産牛肉輸入問題 べいこくさんぎゅうにくゆにゅうもんだい

1件 の用語解説(米国産牛肉輸入問題の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

米国産牛肉輸入問題

2003年末にBSE(牛海綿状脳症)感染牛の発見により輸入禁止となっていた米国産牛肉は05年12月に輸入が再開されたものの、わずか1カ月後に特定危険部位(SRM)の脊柱(せきちゅう)混入が見つかったため再度輸入が停止された。この措置に対して、日米両政府が協議を続けた結果、06年6月21日に日本政府による輸出認定施設(35カ所)の事前査察、輸入牛肉の全箱検査などを条件として輸入再開が合意された。07年1月下旬には再開後の検証期間とした半年が経過し、日本政府は再査察の実施を求めたがようやく合意に達したのは4月下旬のことだった。6月13日には輸入業者の負担で行っていた全箱調査を終了し、同月27、28日には輸入条件緩和をめぐる技術的会合が開かれた。焦点は生後20カ月以下でSRMの除去という現行輸入条件を緩和するかどうかに移った。米国政府は、5月の国際獣疫局(OIE)総会で米国のBSEステータス評価が月齢30カ月未満であればSRMを除去しなくても輸出できる「管理されたリスク」国に移行したことで強く条件緩和を求めている。しかし、07年に限っても牛タンの混載や月齢証明のない牛肉の混入などの輸入条件違反が後を絶たないし、米国ではまだBSEの感染源と目されている肉骨粉を豚や鶏の飼料に利用し、牛との交差汚染の危険性がぬぐえないうえに、OIEが牛肉貿易基準を緩和する傾向にあるなど、消費者の懸念を払拭(ふっしょく)するには至っていない。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国産牛肉輸入問題の関連キーワード海綿状組織プリオンウシ海綿状脳症狂牛病変異型クロイツフェルト・ヤコブ病牛海綿状脳症肉骨粉特定危険部位クロイツフェルト-ヤコブ病BSE(牛海綿状脳症)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone