コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSE BSE/びーえすいーbovine spongiform encephalopathy

知恵蔵の解説

BSE

牛海綿状脳症の牛。BSEは従来、狂牛病(mad cow disease)と呼ばれることが多かった牛の病気で、プリオン(たんぱく質の一種)の感染で脳障害を引き起こし致死率は極めて高い。感染から発症までの潜伏期が長く、牛で5年以上、人で十数年と推測される。最初は羊やヤギで発見。BSE発症の家畜から製造された飼料(肉骨粉)が感染ルート。BSE牛の発生数は、イギリスで圧倒的に多い(公称約20万頭、ピークは1992年)。日本では2001年9月に初めて発生して以来33頭(2007年7月現在)が報告されている。1996年、すべての肉骨粉が使用を禁止され発生が激減している。食肉製造過程で、感染度の高い危険部位(脳、脊髄、回腸)は除去。日本では感染の有無を全頭検査。輸入牛に関して、生後20カ月以下の牛では発症の確率が極めて低いとされ、検査は省略されている。2006年1月米国産牛に、特定危険部位の背骨混入が発覚し輸入が全面禁止に。米国政府と日本の食肉チェーン店の強い要請を受けて、日米政府間で折衝し大筋で合意、政府は7月に輸入の再開を認めたが、国民の大多数は慎重な対応を求めている。06年10月から、牛肉加工品に牛肉の原産地表示が義務付けられた。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐エス‐イー【BSE】[bovine spongiform encephalopathy]

bovine spongiform encephalopathy》⇒牛(うし)海綿状脳症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

BSE【ビーエスイー】

狂牛病

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BSE
ビーエスイー

ウシ海綿状脳症」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BSE
びーえすいー

bovine spongiform encephalopathyの略称。牛海綿状脳症と訳される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

BSEの関連キーワードハンナングループによる偽装牛肉事件変異型クロイツフェルト・ヤコブ病変異型クロイツフェルトヤコブ病ウシ海綿状脳症対策特別措置法牛肉トレーサビリティー法牛海綿状脳症(BSE)BSE(牛海綿状脳症)米国産牛肉の輸入問題米国産牛肉輸入問題トレーサビリティーソビエト大百科事典BSEと全頭検査BSEの全頭検査トレーサビリティ輸入食品の安全性家畜保健衛生所BSE全頭検査食品安全基本法変異型ヤコブ病ハンナン事件

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BSEの関連情報