夏の大三角(読み)ナツノダイサンカク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏の大三角
なつのだいさんかく

夏の夜空に見える三つの1等星を線でつなぐとできる大きな三角形。こと座のベガ、わし座のアルタイルと、はくちょう座のデネブで構成され、「夏の大三角形」ともよぶ。ベガは七夕(たなばた)の「織姫(おりひめ)」、アルタイルは「彦星(ひこぼし)」であり、この二つの星の間を天の川が流れる。「夏の大三角」は星座ではなく、夏を代表する星の並びであるが、みつけやすいので、夏の星座を探す目印に使われる。8月中旬の午後7時ころに東の空に、午後8時ころに南東の空に、午後9時ころに真上の空に見える。ベガとデネブを結んだ線を軸にして三角形を反転させたときにアルタイルと線対称の付近に北極星がある。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏の大三角の関連情報