線対称(読み)センタイショウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐たいしょう【線対称】

1本の直線に関して、ある二点が、相互間をその直線によって垂直二等分される位置関係にあること。図形では、1本の直線を折り目としてある図形が完全に重なり合うこと。この直線を対称軸という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐たいしょう【線対称】

〘名〙
① 二つの平面図形の関係をいう語。二つの平面図形F、F′の点が一対一に対応し、対応する二点を結ぶ線分の垂直二等分線がつねに一定の直線lに一致するとき、FとF′とは直線lに関して線対称であるという。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② 平面図形の性質の一つ。一つの図形について、ある一本の直線を折り目としたとき図形が完全に重なること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の線対称の言及

【対称】より

…この対応をgを対称軸とする対称変換と呼び,対応する2点P,P′をgに関する対称点という。また,この変換で図形Fが図形F′にうつるとき,FとF′はgに関して線対称であると呼び,とくにF=F′のときFをgに関して線対称な図形と呼ぶ(図b)。平面上の場合には,FとF′がgに関して線対称とはgを折り目として折り返したときにFとF′がまったく重なることを意味する。…

※「線対称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報