コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こと座 ことざ Lyra

翻訳|Lyra

2件 の用語解説(こと座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こと座
ことざ
Lyra

琴座。概略位置は赤経 18時45分,赤緯 36°。8月の宵に南中する北天の星座。α星のベガ(織女星)は全天最輝星の一つ。β星は食変光星(→食連星),RR星はこと座RR変光星としてそれぞれ代表的なもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こと座
ことざ / 琴座

夏の宵に頭上に見える星座。七夕(たなばた)の織女星ベガがあるため、小さな星座ながらもっとも目につく星座の一つとなっている。ギリシア神話では、琴の名手オルフェウスが父アポロンから授けられた竪琴(たてごと)をさし、オルフェウスとその妻エウリディケとの哀(かな)しい物語を伝えている。青白色の美しい0.0等星ベガが琴を飾る宝石で、4個の星が形づくる小さな平行四辺形が弦を張った部分と見られている。ベガは「落ちる鷲(わし)」という意味のアラビア語で、ベガとすぐそばにあるζ(ゼータ)星とε(イプシロン)星の3個の星でつくる「へ」の字形が、翼を畳んで降りてくる鷲に似ているところからきている。ベガの中国名は、機(はた)織り娘を意味する「織女」で、日本名も同じ「織姫(おりひめ)」「棚機(たなばた)」などである。ベガまでの距離は25光年。惑星系を生み出す素材となる「原始太陽系星雲」の巨大なガスの円盤がみつかっている。[藤井 旭]
『ヴォルフガング・シャーデヴァルト著、河原忠彦訳『星のギリシア神話』新装版(1988・白水社) ▽藤井旭著『春・夏星座図鑑――もっと知りたい春・夏の星座』(2002・偕成社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こと座の関連キーワードコップ座コンパス座けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)こと座(琴座)ちょうこくしつ座(彫刻室座)とびうお座(飛魚座)や座(矢座)やまねこ座(山猫座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こと座の関連情報