冬の大三角(読み)ふゆのだいさんかく

日本大百科全書(ニッポニカ)「冬の大三角」の解説

冬の大三角
ふゆのだいさんかく

の夜空に見える三つの1等星を線でつなぐとできる大きな三角形。オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウスと、こいぬ座プロキオンで構成され、「冬の大三角形」ともよぶ。三角形の中を淡い銀河が流れる。「冬の大三角」は星座ではなく、冬を代表する星の並びであるが、みつけやすいので、冬の星座を探す目印に使われる。2月初旬の午後7時ころに東の空に、午後8時ころに南東の空に、午後9時ころに真上の空に見える。

 また、シリウスから時計回りに、プロキオン、ふたご座のカストルポルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバランとオリオン座のリゲルと結んで、七つの星(カストル、ポルックスは近いので一つとみる)を「冬の大六角」または「冬のダイヤモンド」とよぶこともある。

[山本将史 2022年7月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「冬の大三角」の解説

ふゆ‐の‐だいさんかく【冬の大三角】

《「冬の大三角形」とも》オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結んでできる三角形。→夏の大三角冬のダイヤモンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冬の大三角の言及

【プロキオン】より

…こいぬ座のα星。シリウス,ベテルギウスとともに〈冬の大三角〉を形づくる輝星。ギリシア語起源で〈犬の前に〉という意。…

※「冬の大三角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android