コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏目荘次 なつめ そうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夏目荘次 なつめ-そうじ

1831-1880 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。荻野流の砲術家。肥前島原(長崎県)の中島名左衛門を砲術師範にまねき,兵制の改革をおこなった。王政復古をこころざし,小河(おごう)一敏らとともに京都にむかったが,文久2年の寺田屋事件で挫折(ざせつ)した。明治13年3月13日死去。50歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

夏目荘次の関連キーワード紙幣整理ブラウン明治維新オランダ文学ゴローニンメイランペドロターナーブラジル史バード