コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年運動 せいねんうんどうyouth movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青年運動
せいねんうんどう
youth movement

青年を主体とする運動,ないしは青年を対象とする組織的な運動。前者の場合は,20世紀初頭のワンダーフォーゲル運動や自由ドイツ青年運動などにみられるように,社会的諸矛盾が激化した状況のなかで,青年に特有の理想主義,ロマン主義が起爆力となって勃興することが多い。後者の場合は成人が中心となって青年に働きかけるもので,青年指導とも呼ばれ,宗教的,政治的,教育的,文化的なさまざまな動機,目的によって組織され推進される。 YMCA,YWCAなどは世界的に有名。第2次世界大戦前のヒトラー・ユーゲントは国家統制の最たるものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんうんどう【青年運動 youth movement】

青年が主体となって行う社会運動。一般に,青年の世代が受けている社会的圧迫状態を意識し,みずからの世代の解放を目的として行われる。したがって,青年に加えられる抑圧の何を重視し,どう対処しようとするかによって運動の性格は異なってくる。宗教的・道徳的観点を重視した,YMCA(キリスト教青年会,1844)やボーイ・スカウト(1908)の運動,成人社会の知識主義,功利主義,便宜主義に批判的態度をとって起こった,ワンダーフォーゲル(1896)や自由ドイツ青年運動Freideutsche Jugendbewegung(1913),政治的運動としては,G.マッツィーニによって創設された政治結社青年イタリア(1831)やチェコスロバキアの民族的体育運動ソコールSokol(1862)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青年運動
せいねんうんどう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

青年運動の関連キーワードフラーンシス・エドワード クラークヴァルター フレックスエジンバラ世界宣教会議ロマーノ グアルディニドミニク ユルバニーA. ヘゲデューシュS.L. アキントラ青年をキリストへ運動下伊那自由青年連盟全日本無産青年同盟フランツ ダーレム日本青年団協議会ボイチェホフスキE. ミシュレP. ボルテンリープクネヒト山本 信次郎グアルディニ飯島 与志雄鈴木 文史朗

青年運動の関連情報