コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外作用 がいさようexogenic process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外作用
がいさよう
exogenic process

地形形成作用のうち,その力の根源地球の外部にあるもの。外的営力,外因的地質作用ともいう。根源は太陽の放射エネルギーにあり,これによって気象変化が起り,風,波,河流氷河地下水などが浸食,堆積などを行う。一般に起伏のある土地を低平化するように働き,外作用が長期間働くと浸食基準面 (河食の場合は海面) 近くに準平原と呼ばれる平坦面が形成される。これに対し,地形形成作用の原因が,火山や地震など地球の内部にあるものを内作用という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の外作用の言及

【浸食作用】より

…もとは〈おかし,むしばむ〉の意で侵と書いた。土地に働きかけて地形を変化させる作用(〈地形形成営力〉または〈地形営力〉という)のうち,内部から働く地殻運動や火山活動を内作用,外部から働く風,雨,河川,波などおもに太陽エネルギーに基づく作用を外作用とするが,浸食作用は後者に属する。外作用による地形営力は浸食,運搬,堆積の3作用から成る。…

※「外作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外作用の関連キーワード発情ホルモン浸食作用剥離作用地形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android