コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外変 がいへんexomorphism

岩石学辞典の解説

外変

貫入した岩石がその周囲の岩石に与える変化.通常は接触変成作用と同意義に用いる.接触変成作用について母岩の形態に重点をおいて考えたもので,花崗岩周囲の長石化作用帯の発達などがある[Fournet : 1847].内変(endomorphism)に対する語.エヴァース変成作用(everse metamorphism)[Cotta : 1846],外変的変成作用(exomorphic metamorphism)[Hatch : 1888].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

外変の関連キーワードヨーロッパ通貨制度EC共同フロート内因的変成作用外因的変成作用電気工事変電所

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android