コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外木場義郎 ソトコバヨシロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外木場義郎 そとこば-よしろう

1945- 昭和後期時代のプロ野球選手。
昭和20年6月1日生まれ。投手,右投げ右打ち。電電九州(のちNTTグループ九州,平成13年廃部)をへて,昭和39年広島カープ(現・広島東洋カープ)へ入団。翌年対阪神戦でノーヒットノーランを達成して初勝利。豪速球と鋭くまがる大きなカーブを武器に活躍。43年対大洋戦で完全試合,47年対巨人戦で3度目のノーヒットノーランを達成。50年には最多勝(20勝)をあげ広島の初優勝に貢献し沢村賞も受賞。54年引退。通算成績は131勝138敗,防御率2.88,1678奪三振。平成25年野球殿堂入り。鹿児島県出身。出水高卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

外木場義郎の関連キーワード川口和久

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android