コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村賞 さわむらしょう

知恵蔵の解説

沢村賞

日本のプロ野球創設期における伝説の大投手、沢村栄治を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の本格派投手に授与される賞。受賞者には金杯と副賞300万円が贈られる。正式名称は沢村栄治賞
沢村栄治は、1917年三重県生まれ。右投左打。戦前の日米野球でベーブ・ルースらから三振を奪ったことで知られ、プロ野球草創期に読売巨人軍エースとして3度のノーヒットノーランを記録した。徴兵時の負傷などにより引退した後、44年、27歳で戦死。
沢村賞は、その3年後、47年に制定され、受賞第1号は当時・南海ホークス別所毅彦(当時は別所昭)。プロ野球が、セントラルパシフィック2リーグ制になった50年からは、セ・リーグの投手のみが対象となっていたが、89年以降、パ・リーグも選考対象となった。パ・リーグ初の受賞者は90年の野茂英雄 (当時・大阪近鉄バファローズ)。
また、81年までは記者投票制であったが、82年から基準を設け、選考委員会の選考による決定となった。選考基準は(1)15勝以上の勝利数、(2)150以上の奪三振数、(3)10以上の完投試合数、(4)2.50以下の防御率、(5)200イニング以上の投球回数、(6)25以上の登板数、(7)6割以上の勝率、の7項目。
2013年シーズンは、開幕からの24連勝でプロ野球新記録を樹立し、史上初めて無敗のまま最多勝を獲得して、防御率1.27をマークした田中将大投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)が上記選考基準のうち6項目をクリアし、選考委員会(選考委員は平松政次堀内恒夫村田兆治北別府学工藤公康の各氏)の全会一致により選考され、2年ぶり2度目の受賞となった。

(葛西奈津子 フリーランスライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さわむら‐しょう〔さはむらシヤウ〕【沢村賞】

プロ野球で、そのシーズンに最も活躍した投手に贈られる賞。沢村栄治の功績をたたえて、昭和22年(1947)に制定。当初はセントラルリーグのみが対象だったが、現在はパシフィックリーグの選手にも贈られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さわむらしょう【沢村賞】

プロ野球で、そのシーズンの最優秀投手に与えられる賞。沢村栄治の功績をたたえて、1947年(昭和22)に制定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢村賞
さわむらしょう

日本のプロ野球で、1年間を通してもっとも活躍した先発型投手に授与される賞。正式名称は沢村栄治賞。日本プロ野球草創期から活躍し、若くして伝説となった名投手である沢村栄治を称(たた)え、1947年(昭和22)に創設された。受賞者には金杯と賞金300万円が贈られる。初受賞者は別所毅彦(べっしょたけひこ)(南海ホークス、現、ソフトバンクホークス)。1956年から3年連続で受賞した金田正一(かねだまさいち)(国鉄スワローズ、現、ヤクルトスワローズ)をはじめ、1966年と1972年に受賞した堀内恒夫(つねお)(1948― )(読売巨人)、1968年の江夏豊(阪神タイガース)、1974年の星野仙一(1947― )(中日ドラゴンズ)、1990年(平成2)の野茂秀雄(のもひでお)(近鉄バファローズ、現、オリックス・バファローズ)など、創設以来、球界を代表する投手が受賞している。プロ野球が2リーグに分かれた1950年以降は、セントラル・リーグの投手を対象に表彰が行われていたが、1989年(平成1)からはパシフィック・リーグの選手も加えられるようになった。
 選考方法は、設立当初は記者の投票で、1982年からは選考委員会が設置され、同時に以下のような選考基準が設けられた。(1)登板数が25試合以上。(2)完投数10試合以上。(3)勝利数が15勝以上。(4)勝率6割以上。(5)投球イニング数が200以上。(6)奪三振の数150以上。(7)防御率2.50以下。近年では投手の起用が先発、中継ぎ、抑えという分業方式になり、上記の選考基準に適合した選手が生まれにくくなりつつあり、見直しが検討されている。新たな基準の一つとして、クオリティースタートQuality Start率(QS率)の導入が検討されている。これは1試合当りの投球回数と自責点の二つを基準とするもので、先発投手の最低限の責任といわれている6回以上を投球し、自責点3以下に抑える(クオリティースタート)試合が総先発試合に占める割合のことをいう。アメリカ大リーグでは投手を評価するための代表的な指標とされている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沢村賞の言及

【沢村栄治】より

…その後第2次世界大戦に従軍し,44年末台湾沖で戦死した。不世出の大投手といわれ,その偉業を記念して47年に〈沢村賞〉が制定され,セ・パ両リーグの最優秀投手に授与される(1988年まではセントラル・リーグの投手のみが対象)。また背番号14は巨人軍の永久欠番となっている。…

※「沢村賞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢村賞の関連情報