コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外灘 がいたん

3件 の用語解説(外灘の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

がいたん【外灘】

中国の上海市の中心部で、同市街を流れる黄浦江(こうほこう)の西岸地区。ここは19世紀後半から20世紀初頭にかけて、租界(そかい)が置かれたところで、当時のレンガ造りの洋風建築が残る、異国情緒あふれるエリアになっている。◇「バンド」(The Bund)は、「築堤(ちくてい)」や「埠頭」を意味する、この地区の英名。近年、この地区にはジョルジョ・アルマーニやカルティエなどのブランドショップおしゃれなバーやレストランなどが次々とオープンしたことで、地元の市民や観光客が集まる人気のスポットになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外灘【がいたん】

中国上海市黄浦区の地名。英語では埠頭を意味するバンド呼ばれる。上海の黄浦江に面した有名な観光エリア。19世紀後半から20世紀前半,欧米日の帝国主義列強が設けた上海租界の一角にあり,当時建設された西洋式高層建築が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外灘
がいたん / ワイタン

中国、上海(シャンハイ)市黄浦(こうほ)区の一地域。黄浦江(こうほこう/ホワンプーチヤン)の蘇州河(そしゅうが/スーチョウホー)合流点以南の西岸に位置する。高層ビルディングの多い黄浦江岸の美しい並木道中山路に沿う一帯で、上海市革命委員会、税関、銀行、貿易会社などが集中する。蘇州河に架かる外白渡橋(旧ガーデン・ブリッジ)のたもとには、上海人民英雄記念碑のある黄浦公園があり、市民の憩いの場となっている。解放前は北部がイギリス租界、南部がフランス租界であった。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外灘の関連キーワード猿ヶ石川江沢民上海語流れ物ボーメロボックの砲台虹口レジデンツ広場上海リニア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外灘の関連情報